環境への取組み

『品質・環境方針』『基本理念』

徹底した品質管理のもと環境に優しい高信頼性ソルダーを提供

ISO品質・環境

ISO9001の1994年版から2000年版への移行を契機として、
2003年3月より品質・環境システムとして複合審査を受けるようになりました。
さらには、車載関係のお客様より、近い将来、ISO/TS16949の登録審査を果たすようにとの要望も頂戴しており、
社内的にはOHSAS18001(労働安全衛生に関する国際規格) にも積極的に取り組んで行く予定です。
このような背景を踏まえ、各種マネジメントシステムの総合的な企画、
運用管理を担当する部署として、2005年6月に「ISO管理室」を発足しました。

ISO14001 (本社・工場)
登録証番号 JQA-EM2185
ISO9001 (本社・工場)
登録証番号 JQA-QM5273

品質・環境方針

『世界に通用する接合技術を通じて
お客様の要求する信頼性と生産性の向上に
寄与する企業を目指します。』

  1. 上記を達成するために要求事項への適合および品質・環境 マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。
  2. 製品並びに環境側面に適用される法令・規制要求事項および当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  3. この方針の適切性を継続的に確認します。
  4. 当社で働く又は当社のために働くすべての人にこの方針を伝達し理解を図ります。
  5. 要求に応じてこの方針を開示します。

品質に係わる行動指針
  1. お客様の期待とニーズを満たす製品の開発に他社に先駆けて取組みます。
  2. 品質・価格・納期・サービスのすべての面で顧客満足に努めます。
  3. 顧客および供給者との互恵関係の構築に努めます。
  4. すべての活動において生産性の向上とコストダウンに努めます。

環境に係わる行動指針
  1. 省エネルギー・省資源に取組みます。
  2. 環境負荷物質削減のために代替技術採用・代替物質への転換に取組みます。
  3. 3R(削減、再使用、再資源化)に努めます。
  4. 従業員の環境意識の向上に努めるとともに利害関係者とのコミュニケーションを図ります。

化学物質管理に係わる方針及び行動指針
  1. QMS:ISO9001及びEMS:ISO14001の最新版の要求事項を基本としてCMS(化学物質管理システム)を構築し、化学物質を適正な管理に取組みます。
  2. 化学物質による環境汚染の防止と、環境負荷の低減に努め、当社で取り扱う化学物質の把握と製品に含有する化学物質の法規制の順守、業界基準への対応を行います。

 

 


 

2020年6月1日
株式会社 ニホンゲンマ
代表取締役社長 川崎 誠